100年前の大島紬 その2

古布の大島紬の着物を、まずは丁寧にほどいて、手洗いで、これまた丁寧に洗うのですが、とにかく布地が、かなり弱っていて 手荒く扱うと破れる状態です。

100年程の時空を超えてますので、あたりまえの話ですが、それが、また、魅力なんです。

紙のように破れやすい古布で、作りました。

すごく良い物が出来たのですが、やはり、

破れ出してきて、駄目です。

結構 振り返る程 人目をひき 話掛けられたりで、とても気に入ってました。が、

破れは 駄目でしよう。

全部ほどきました。


続く。